Note Palette 災害時の情報

情報にまどわされないために-3

災害時には、不安と情報の少なさから真偽が明らかではない噂やデマが起きやすくなるので、まどわされないようにしましょう。

災害時の安否確認ツール

安否確認方法は、いくつか決めておく。そして使ってみよう!

大規模災害が発生すると電話回線が制限され、かかりにくくなります。 そんな状況下でも安否確認ができるように、NTTや主な携帯電話会社では下記のような災害対応を行います。いずれも申込不要で月額使用料なども無料なので活用しましょう。また、電話やネットが使えず連絡がとれないときの「家族の集合場所」も決めておきましょう。

いざという時のために、普段から利用法をマスターしておくことが大切。体験利用ができるので実際に使ってみましょう。

安否確認ツール

安否確認ツール「災害用伝言サービス」 


災害用伝言ダイヤル171 http://www.ntt.co.jp/saitai/171.html

災害用伝言板 各通信会社のサービス

web171 https://www.web171.jp

災害用音声お届けサービス 各通信会社のサービス

J-anpi安否情報まとめて検索 http://anpi.jp/top
NTTレゾナント提供。名前、電話番号で検索できる。J-anpiに登録された情報、及び 通信各社の災害用伝言板、報道、団体・企業が提供する安否情報を一括して検索。

Google パーソンファインダー https://www.google.org/personfinder/japan
安否情報を登録しておけば「J-anpi 安否情報まとめて検索」でも表示される。


確保しておきたい安否確認方法

被災地外の親戚
災害時、被災地から被災地外への電話は比較的かかりやすいので、遠方の親戚や知人を中継地点とした「三角連絡法」も有効です。できれば数カ所決めておきたい。

ご近所、知人の連絡先


下記の「その他の役立つ安否確認ツール」を含めて、わが家のルールが決まったら「わが家の連絡ルール」としてまとめておきます。


その他の役立つ安否確認ツール


LINE

多くのスマホユーザーが使用しているメッセージ交換アプリ。特定の宛先にメッセージを送ることができ読まれたかどうか(既読)が判別できるので、メッセージが返ってこなくても「既読」ならば、相手が生存しているとわかる。パケット通信による音声や動画もやり取りできるので、電話の代わりに通話も可能。あらかじめ家族や連絡を取りたい人との間でIDを交換しておく。

Facebook

実名で登録して、友人や知人と交流できるSNS。写真を入れた日記もアップできるので、災害時、詳細に自分の様子を伝えたい場合に適している。
公開範囲を設定できるのもメリット。


Twitter

自分の安否情報を簡単に投稿できる。投稿は公開かフォロワー限定公開か選ぶことができる。 (相手からあらかじめツイッターでフォローしてもらっておく必要がある) また非常時の情報源として、事前に官公庁や自治体などの防災関連のアカウントをフォローしてリスト化しておけば、いざという時に迷わず情報を得られる。