母乳をどうする?(1)

母乳で育てている人にとって、保育園に預けるときにどうするかは大きな問題。冷凍母乳にするか、それともこの機会に断乳しようか…などと悩んでいる人もいるはずです。ワーキングマザーの母乳相談を数多く受けてきた助産婦のたつのゆりこさんに、上手な母乳とのつきあい方をうかがいました。

●たつのゆりこさん プロフィール
助産婦、鍼灸師。助産婦として大学病院から助産院まで幅広い勤務経験をもつ。女性の一生の健康をトータルに診ていきたいと、97年に治療室Be bornを開設。妊産婦のマイナートラブル改善のために鍼灸師の資格を取得。アロマテラピー、ホリスティック医学、東洋医学、食養にも造詣が深い。
●治療室Be born
東京都世田谷区羽根木2-40-20-201(京王井の頭線東松原駅徒歩1分) 03-3323-9313


...............冷凍母乳に向くおっぱい、向かないおっぱい

...............昼間はミルク、夜は母乳という方法もある

...............断乳する場合は、2ヶ月くらい前から

...............子どもをどう納得させる?


保育園に預けてからも母乳を続けたい場合、母乳を絞って冷凍保存する「冷凍母乳」という方法があるのはご存知だと思います。ただ、冷凍母乳は扱っていないという園もありますし、会社に絞る場所がないという人も多いはず。

また、「どんなにがんばってもうまく絞れない」と悩んでいる人もいるかもしれません。でも、決してがっかりしないでください。ふだんそれほど張りは強くないのに、赤ちゃんに吸われて初めて奥のほうからわきでてくる、というタイプのおっぱいは、実はとても「いいおっぱい」なのです。質のいい母乳を今まであげてこられたのですから、赤ちゃんもきっと満足しているはず。

また、母乳の分泌量は体調を反映していることが多いので、マッサージなどで過剰に分泌させてしまうと、お母さんのほうがフラフラになってしまうこともあります。母乳にこだわりたいのなら、変則授乳(昼間はミルク、夜は母乳)という手もありますので、くれぐれも無理はしないようにしましょう。



ミルクに切り替える、というと、一気に断乳しなければいけないと思うかもしれませんが、昼間はミルク、夜だけ母乳という変則的な授乳方法もあります。「昼間、会社でパンパン張ってしまうのは困る!」という心配はご無用。女性の体というのは不思議なもので、変則授乳に慣れてくると、昼間はほとんど張らず、夜だけ母乳が分泌されるようになってくるものなのです。

もちろん、最初の1ヶ月くらいは、昼間何度か絞る必要がありますが、決して絞りすぎないことが大切。張ってきたら、圧抜きする程度で十分です。夜間の母乳の出が悪くなる心配もありません。


なお、母乳の分泌を整えるためには、血行をよくしておくことが大切なので、きつい下着や洋服は避け、体を冷やさないように注意しましょう。1ヶ月に1度くらいのペースで全身マッサージを受けるのもいい方法です。


...............断乳する場合は、2ヶ月くらい前から

...............子どもをどう納得させる?