出生前検査(しゅっせいぜんけんさ)

ダウン症候群やトリソミー、神経管奇形など、胎児の染色体の異常を見つけるための検査。

羊水検査は16〜18週におなかに注射針を刺して羊水を採取。まれに針を刺すことが刺激になって、流産や感染を起こす可能性も。

血清マーカースクリーニング検査は、確率を推測するものですが、高い確率が出た場合には羊水検査が必要になることも。出生前検査は、生命倫理を問うことになるという声もあります。
どうしても必要な場合には、十分なインフォームド・コンセントを。



▶︎ 関連ワードを見る
インフォームド・コンセント



babycom おすすめ関連コンテンツ




妊娠・出産、母乳ワード101妊娠・出産・産後ワード101
安産と楽しいマタニティライフに役立つ101用語を解説しました。
監修/医学博士・産婦人科医師(故)進 純郎先生(監修当時)葛飾赤十字産院院長

babycom おすすめ記事
babycom PC Site
マタニティのセルフケア-babycomマタニティのセルフケア
妊娠中の不快な症状は、自分でできるナチュラルケアで改善しましょう。
つわり|むくみ|腰痛|便秘|体重増加
アロマでリラックス| 冷え|おっぱいの話


TOP▲