妊娠と子育ての環境問題babycomエコロジー






子どもの発達と脳




 第1回: 携帯電話は子どもを守れるか!?

 第2回: 学校で「携帯電話」を学ぶ

 第3回: 電磁波を出す「ベビーフォン」

 第4回:案外知られていない電子レンジの話

 第5回:高圧線とIHクッキングヒーター
  ―磁場が身体に与える影響は?―


子どもの発達と脳の不思議
 by babycom&NPO法人市民科学研究室 2006.10〜2007.4

赤ちゃんのあやし方や子育ての仕方がよくわからないという親が増えています。また、昨今の脳教育ブームなどの影響で、幼いころから過度な教育を施す親も多く見られます。
子どもの脳の発達を支えるうえで、子育てや教育には今、何が求められているのでしょうか。

この特集では、子どもの発達の基礎知識とともに、最新の脳科学や発達科学の研究成果なども紹介し、環境や発達の視点から、健やかな脳に育てるために親が知っておきたいこと、親ができることを考えていきます。



第1回:幼児期は五感と身体を育てる時代

「早期教育」と子どもの発達のゆがみなど、子どもの発達について長年、研究している神戸大学の広木克行教授の話。


第2回:眠りが育てる子どもの脳と体と心

睡眠のメカニズムなどについて研究している脳科学者で、小児神経科医の神山潤先生の話。「夜ふかしは、子どもの脳と体と心に何をもたらすか」


第3回:赤ちゃんの心のめばえと発達

早期教育は本当に必要か。テレビなどのメディアとのつき合い方は…。赤ちゃんの"心"のメカニズムを研究している「赤ちゃん学」の提唱者、開一夫先生の話。


第4回:0歳から育てる「社会力」

いじめや自殺、不登校などの背景には何があるのか。そして、子どもが健やかに育つには、大人たちは何をすればいいのか。
教育社会学者で、筑波学院大学長の門脇厚司先生の話。



 Topics&関連情報 :子どもに携帯電話を持たせる前に知っておきたい10の予防的手段






babycom mook ※ご購入はこちらから


babycom ecology TOP電磁波子育てハウス子ども環境問題ロハスな台所環境危機で変る子どもの生活ちきゅうの食卓



Contents Copyright(C)2006- babycom