babycomベビーマッサージ
babycom ベビーマッサージ
babycom ChildCare 特集
助産師 たつのゆりこさんの「ベビーマッサージ」

監修:たつのゆりこ
開業助産師。世田谷区に「お産の家 Be born」を開業。入院出産をはじめ、母乳育児相談、ベビーマッサージ教室、女性と子どものための東洋医学治療室ほか、多方面で活躍。

親と子の肌の触れ合いがもたらすもの

ベビーマッサージの基本は、母と子、父と子の肌の触れ合い。大好きなお母さんやお父さんにやさしくなでさすられることで、赤ちゃんは安らぎを得ることができます。そして、その心地よい刺激が、赤ちゃんの生命力を活発にし、心や体の発育によい影響を与えます。

また、赤ちゃんの体を五感でじっくりと観察するうちに、どんなふうに触ると赤ちゃんが喜ぶかが分かってきます。このことが、お母さんの気持ちのゆとりにつながり、育児に関する自信も自然にわいてくるはずです。ベビーマッサージは、お母さんの心と体を癒す行為でもあるのです。


ベビーマッサージの効果

ベビーマッサージは、スキンシップのひとつの方法であると同時に、体調を整える手段でもあります。だから、「風邪をひいてるときは、マッサージはやめておいたほうがいい?」などと思わなくても大丈夫。むしろ、赤ちゃんの体調があまりよくないときにこそ、ベビーマッサージは真価を発揮します。

「ちゃんとしたテクニックをもったプロならともかく、私のマッサージで子どもの手当てができるの?」と、半信半疑の方もいるかもしれません。でも、子どもにとって、お母さんの手は魔法の手。「もう大丈夫よ、治るからね」と、お母さんにやさしくなでられただけで、おなかの痛みがどこかに飛んでいってしまった…。こんな経験、きっとあなた自身にもあるはず。自信をもって、赤ちゃんに触れてあげましょう。


babycom おすすめ関連コンテンツ

babycom おすすめ記事
babycom Site
保育園情報-babycombabycom 保育園情報

保育園に入るために。babycomの保育園情報では、頑張っているワーキングマザーのための保育園への入園にかかわる情報を提供しています。



TOP▲