ベビーマッサージ 基本のマッサージ-1下半身
babycom ベビーマッサージ
babycom ChildCare 特集
助産師 たつのゆりこさんの「ベビーマッサージ」

監修:たつの ゆりこ
開業助産師。世田谷区に「お産の家 Be born」を開業。入院出産をはじめ、母乳育児相談、ベビーマッサージ教室、女性と子どものための東洋医学治療室ほか、多方面で活躍。

下半身のマッサージが基本
ベビーマッサージの基本の手順を2回に分けて紹介しますが、必ずしもこの通りにやる必要はありません。
触ってあげたいところ、または、赤ちゃんが触らせてくれそうなところからマッサージを始めればOK。
赤ちゃんのほうも、マッサージに慣れてくると、触って欲しいところをなんとなく伝えてくることもあります。

中心になるのは、下半身のマッサージ。
足腰をしっかりとさせることで、体全体に安定感が出てきます。

また、頭に触れられることを嫌がる赤ちゃんもいますが、おでこと耳には喜んで触らせてくれる赤ちゃんが多いようです。

なお、赤ちゃんに触れるときには、軽いタッチにすること、それから、よけいな皮膚刺激を与えないために、オイルを使うときは、たっぷり使うようにしてください。


足〜腰

1.まず、手のひらにオイルをたっぷりつけて、腰やお尻をマッサージします。

2.赤ちゃんの体がリラックスしてきたら、今度は股関節から足首までをマッサージ。
手のひら全体で赤ちゃんの足を包み、両手を交互に使ってなで下ろすようにマッサージします。

とくに、足のつけ根はていねいに。リンパ管が集まっている部分なので、リンパの流れをよくして、免疫力を高める効果があります。リンパの流れをよくするコツは、ソフトタッチを心がけて。

ベビーマッサージ1

3.足の裏も上下にマッサージ。足指も1本1本軽く引っ張るようにタッチします。
ベビーマッサージ2
4.最後に、足首を持ち、足全体を揺らすようにして、背中に気持ちよい刺激を与えていきます。

基本のマッサージ-2上半身 >>
ベビーマッサージ3


babycom おすすめ関連コンテンツ

babycom おすすめ記事
babycom Site
保育園情報-babycombabycom 保育園情報

保育園に入るために。babycomの保育園情報では、頑張っているワーキングマザーのための保育園への入園にかかわる情報を提供しています。




TOP▲