胎内からはじめる食育


妊娠・出産・育児-babycom-

babycom TOPこれから妊娠妊娠・出産育児・子育てWorking Mother妊娠と環境問題


胎内で将来の病気の原因が作られる?
取材協力:福岡秀興(ふくおか・ひでおき)氏 子どもと食べものTOP


小さな赤ちゃんのリスク


赤ちゃんと母乳-babycom-
最近注目されている学説に、「成人病胎児期発症説」(バーカー説)があります。これは、胎児期の栄養不足によって、小さく生まれた赤ちゃんは、大人になってから、高血圧や心臓病、糖尿病などの成人病のリスクが高くなる、というものです。英国サウザンプトン大学医学部のデイヴィッド・バーカー教授が20年ほど前から提唱し始めた説で、欧米では数々の研究や疫学調査が大規模に行なわれ、現在では定説となりつつあります。

小さく生まれた赤ちゃんは、大きな赤ちゃんに比べて体が弱く、周産期死亡率に差があります。これは、誰もが理解しやすいことですが、「生まれてから何十年も経ったあとの病気のリスクまでが高くなる」という説は、なかなか受け入れ難いかもしれません。これについて、東京大学大学院助教授の福岡秀興先生は次のように語ります。

「ひとつの例として、胎児の腎臓が作られていくある特定の時期に、栄養不足が起こると、腎臓糸球体(腎臓にある毛細血管のかたまり。血液を濾過して尿のもとを作る)の数が少なくなります。いったん減った腎臓糸球体は、再び作られることはありません。生まれたあとは数が増えることはないので、ひとつひとつの糸球体には大きな負担がかかることになり、その負担に耐えられなくなると、障害が出てきます。
細胞が少なく、臓器に無理が利かなくなると、病気にもかかりやすくなります。この影響は中年以降になって現れます。つまり、胎児期の栄養状態は、中年以降の病気にまで影響を及ぼす可能性があるのです。なお、交通事故死した人の腎臓を調べた研究では、腎臓糸球体の数が減っている人は、生まれたときには低体重だった人が多く、この人たちは高血圧を発症していたといわれています。
それだけではありません。栄養不足にさらされた胎児は、とりこんだ栄養を節約して使うように体内の代謝系が変わります。少ない栄養でも生きていけるように体の代謝系を変えてしまうのです。いったん胎内で作り上げられた代謝系は、生まれたあとも変化しないことが明らかとなってきました。そのため、生まれたあとの栄養状態がよければよいほど、太り過ぎや成人病などを起こしやすい体質をもって一生を過ごすことになるのです」。



「胎内で成人病は始まっている 〜母親の正しい食生活が子どもを未来の病気から守る」
デイヴィッド・バーカー著 福岡 秀興 監修・解説


ちょっと過激なタイトルですが、著者が私たちに訴えようとしているのは、副題にある「母親の正しい食生活が子どもを未来の病気から守る」という点。著者である英国サウザンプトン大学医学部のデイヴィッド・バーカー教授は、20年も前から「成人病胎児期発症説」を唱え、大規模な疫学調査を重ねて、入念に検証しています。
胎児期の栄養不足が原因で小さく生まれた赤ちゃんは、少ない栄養でも生きていける「倹約型」の遺伝子をもって生まれてくるため、栄養豊富な現代生活の中では、成人病のリスクがより高くなる、という「成人病胎児期発症説」(バーカー説)と、それを裏付ける数々の調査は、かなりの説得力を持って私たちに迫ります。
妊娠適齢期の女性の多くが、10代からのダイエットを経験しており、妊娠中も厳しい体重コントロールが行なわれがちな日本の現状を考えると、この本の内容はかなり衝撃的。しかし、そこで改めて気づくのは、妊娠中も、そうでない時期も、たいせつなのは「バランスのとれた食事」であるということ。この当たり前のことを軽視してきたために、生まれてくる赤ちゃんの将来にまで暗い影を落とすとしたら? 私たちの生活の基本である「食」について、改めて考えさせられる一冊です。



福岡秀興(ふくおか・ひでおき)氏
プロフィール

兵庫県出身。医学博士。東京大学大学院医学系研究科発達医科学助教授。米国内分泌学会・骨代謝学会正会員。日本内分泌学会代議員。
産婦人科生殖内分泌学の視点より、妊娠中や思春期の女性の骨代謝の研究を行っている。第6次、第7次日本人の栄養所要量の策定委員。





●関連情報

babycom ecology「ロハスな台所」

健康かつ持続可能なライフスタイルLohasの視点からキッチンを検証


babycom ecology「子ども環境問題」

胎児期から幼児期を通して、環境からどんなリスクを受ける恐れがあるのか



babycom kitchen
妊娠中栄養から離乳食まで。母さんとお父さんのための栄養学&レシピ




シーフードベジタリアン

妊娠中や子育てに役立つシーフードベジタリアン栄養学と「SURIMI」をチョイスしたクイックレシピ






体重だけでなく、バランスのよさもたいせつ


では、小さく生まれた赤ちゃんのすべてが、将来の成人病のリスクを抱えることになるの でしょうか。

「バーカー教授らは、英国で大規模調査を行い、生まれたときに2500gに満たなかった人ほど、その後の心疾患による死亡率が高いことを突き止めました。ただし、もっとも死亡率が高いのは、2270g未満と4540g以上であるという。ちょうどリスクはU字型を示していました。体重が少ないほど死亡率が高い、というほど話は単純ではありません。ただし、ある一定の範囲内であれば、2800gより3000g、3000gより3500gというように、生まれたときの体重が多いほど、リスクは少なくなるという結果が出ています。また、早産で生まれた未熟児よりも、予定日近くに生まれたにも関わらず2500g以下だった赤ちゃんのほうが、将来の心臓病のリスクが高くなるという結果もあります。この報告からは、単に体重が少ないのが問題なのではなく、『成長が抑制される』ことが大きく関係していることが分かります。
ただ、私たちの体を考えても分かるように、体重は必ずしもその人の体型や健康度を表すとは限りません。赤ちゃんの場合も、生まれたときの体重だけで、おなかの中にいたときの栄養状態や、特定の組織の発達具合までもが決まるわけではないのです。例えば、生まれたときの体重が同じでも、妊娠中のどの時期でもバランスよく栄養を得ることができた赤ちゃんもいれば、どこかの時期に、栄養不足に陥った赤ちゃんもいるはずです」(福岡先生)。

その後、各地での調査により、生まれたときの体重が少ないだけでなく、生まれてから1歳になるまでの乳児期に、頻繁に病気をしたり、栄養不良に陥ったりして、成長が抑制されていると、成人病になる確率が高くなることも分かってきました。
高血圧や心臓病、糖尿病などの成人病は、「生活習慣病」と呼ばれていますが、大人になってからの生活習慣だけによって発生する病気ではなく、胎児期と乳児期の栄養不良によって、代謝のメカニズムが不健康な状態となり、その素因に、栄養のとりすぎや運動不足などといった生活習慣が加わったために起こる、と考えられるようになってきているのです。

では、生まれてくる赤ちゃんのために、妊娠中にはどんなことに気をつけていけばよいのでしょうか?
次回は、もう少し詳しくバーカー説を追いながら、気になる妊娠中の体重増加と、赤ちゃんの出生体重との関係、妊娠中の食生活などを紹介していきます。


子どもと食べもの

第1回:胎内で将来の病気の原因が作られる?
 胎内で将来の病気の原因が作られる? >>戻る

 妊娠中の栄養不足と、赤ちゃんの将来の関係



 第2回「胎児が危ない!危険な妊婦のダイエット」

 第3回「母乳は赤ちゃんにとっての完全食品」

 第4回「母乳は赤ちゃんの体をアレルギーから守る」

 babycombabycom kitchen子どもと食べものTOP



Contents Copyright(C)1996- babycom