あたたかいお産と子育て
babycom ARCHIVE

進先生のあたたかいお産と子育て

赤ちゃんの誕生・・・・・・・それは、地球が誕生したビッグバンと同じくらい壮大で、大きな未来が託された、喜びに満ちたときです。お産が、女性にとって喜びに満ちたものであれば、新しく生まれた子どもたちをすこやかに育てていくことができるでしょう。
お産は子育ての出発点。産む人と生まれてくる人が尊重される「あたたかいお産」の環境ついて考える、進先生の連載コラムです。
掲載:2001〜2003

進 純郎先生

(故)進 純郎(Shin Sumio)先生 産婦人科医師 医学博士
(掲載当時)葛飾赤十字産院院長 人間的な出産について考える「出産のヒューマニゼーション研究会」代表。

葛飾赤十字産院は、産む人とその家族のニーズにあわせた出産を行なっている人気の高い病院。双児などの多胎の治療機関としても知られている。妊婦が積極的にお産に取り組み、自分らしい産み方を選べるように、出産方法などに多くの選択肢を提供。フリースタイル出産をとり入れている。病院のコンセプトは「あたたかいお産」。


自分らしいお産を選ぶ >>

出産のヒューマニゼーション

主体的なお産を

自分らしいお産を選ぶ

産院を選ぶとき

インフォームド・チョイス


バースプラン >>

バースプラン

どんな出産の方法があるのか、説明を受けた上で考える

よく見受けられる意見は・・・

まず、頭の中を整理してみる

お産への前向きの気持ちが満足感につながる


高齢出産 >>

高齢出産

35歳はボーダーライン?

不安をのり越える

超高齢出産?!


出生前検査 >>

出生前検査とは?

どんなときに検査が必要ですか?

検査でわかることとわからないこと

超音波断層法による診断

羊水検査

トリプルマーカー検査

胎児採血取法(齊帯穿刺)


双子ちゃん・多胎児ちゃん >>

双子の種類

妊娠中に気をつけること

出産について

母乳哺育成功の鍵は「同時授乳」

育児サポートグループ


麻酔分娩 >>

日本は欧米に比べ麻酔分娩が少ない

麻酔分娩の種類

長所と短所

痛みはほんとうに消える?

麻酔分娩は専門的な施設で

麻酔分娩の適応

暖かい援助には麻酔と同じ作用がある


NICU編-1 NICUの赤ちゃんたち >>

今回は、生まれたばかりの赤ちゃん、しかもNICU(新生児集中管理室)に入院している赤ちゃんについての話です。同病院の小児科部長、島 義雄 先生。

NICUの赤ちゃんたち

小さく生まれた赤ちゃん

NICUってどんなところ?

搬送

NICUの治療


NICU編-2 赤ちゃんのケアと育児 >>

NICUでの面会

カンガルーケア

母乳

退院時期のめやす

退院後

妊娠・出産、母乳ワード101妊娠・出産・産後ワード101
安産と楽しいマタニティライフに役立つ101用語を解説しました。
監修/医学博士・産婦人科医師(故)進 純郎先生(監修当時)葛飾赤十字産院院長




babycom おすすめ記事
babycom Site
高齢出産-babycombabycom 高齢出産という選択

高齢出産のパーセンテージは年々高くなっている。リスクばかりが強調されがちだが、高齢出産でなければ得られない喜びやメリットもあるはず。

babycom 関連情報

マタニティのセルフケア

妊娠期を健康に過ごして安産を向かえるためにも、健康のバランスには気をつけたい。おなかの赤ちゃんにもやさしいマタニティの療法を紹介。





TOP▲