妊娠・出産 育児・子育て ワーキングマザー 妊娠と環境問題 出産準備グッズ

あたたかいお産と子育て TOP
妊娠・出産・育児babycom TOP
妊娠・出産-babycom birth TOP妊娠・出産babycom birth 総合目次


あたたかいお産と子育てTOP
バースプラン
 .........バースプラン
 .........どんな出産の方法があるのか、
         説明を受けた上で考える

 .........よく見受けられる意見は・・・
 .........まず、頭の中を整理してみる
 .........お産への前向きの気持ちが満足感につながる

 by 進 純郎(Shin Sumio)

バースプラン

多くの方が、出産は病院の分娩室の中で分娩台の上に仰向けになっていきむもの、というイメージをもっておられるのではないかと思います。しかし、前回の話の中で、出産の場所や方法などにはいくつかの種類ややり方があり、施設によってはそれらを選ぶことができるようになってきたというお話をさせていただきました。

最近は、妊婦さんの中にも、お産をすべて医療に任せてしまうのではなく、自分で積極的に取り組もうという姿勢でやってくる方が多くなってきました。
私どもの葛飾日赤産院では、妊婦さんたちがどのようなお産を望んでいるのかを正確に知り、妊婦さんやそのご家族と互いに理解した上で出産に臨めるように、ひとりひとりに「バースプラン」を書いていただいています。妊婦さんやその家族の方々が、お産に向けてどのような要望をもっていらっしゃるのか、それを書き込んでもらうための用紙も用意しています。

「バースプラン」という言葉を、はじめて耳にする方も多いかと思います。「バースプラン」というのは、簡単に言うとお産の計画書のようなものです。お産に臨む自分たちの考え方や要望などを書いて、それに基づいて施設のスタッフと相互に意見を確認するためのもので、欧米では広く行なわれています。



どんな出産の方法があるのか、説明を受けた上で考える


外来相談室
「お産に対する希望を教えてください」と唐突に言われても、何をどのように書いていいのか、戸惑う人は少なくありません。はじめての妊娠、出産であれば、何もわからないくて当然ですから、最初は何を質問していいかさえわからないことは多いものです。
そうした人たちのために私どもの病院では、外来での医師の診察とは別に助産婦が担当する相談室を設けています。そこで、妊娠の初期の段階からいろいろな相談をしていただいたり、個別に説明を受けてもらっています。たとえば検査を行なう場合など、どのような検査が今必要で、どのような処置をするのか、いつ結果がわかるかなどの説明を受けるわけです。
そこでは、この病院の出産のやり方や考え方などの説明もしています。そうした話を聞いた上で、妊婦さんやご家族に自分たちの「バースプラン」を考えていただくのです。そのほか、妊娠中に何回か開催される両親学級などでも、出産に関する情報を提供しています。


よく見受けられる意見は・・・

「バースプラン」には、さまざまな意見や要望が出されます。多く聞かれる意見としては、夫の立ち会いがしたい、母乳を上げたい、母子同室にしてほしいなど。会陰切開をしないでほしい、へその緒はすぐに切らないでほしい、赤ちゃんが生まれたらすぐに連れていってしまわずに抱かせてほしいという希望もあります。中には、前回帝王切開だったので、今回はできれば自然に下から産みたいなどの希望もあります。
葛飾日赤産院では、お産の姿勢にフリースタイルをとり入れていますので、両親学級などでそうした話を聞いた人の中には、自分にあった姿勢で産みたいと言う人もいます。
ご主人が分娩室に入って、写真やビデオを撮影したいと言う人もいます。分娩室の中で、どのような位置に立って撮影するかにもよりますが、赤ちゃんの出てくるところを目の当たりに撮影する必要もないと思いますので、こうした要望に対しては、説明してカップルに検討していただいています。
できるかぎり意向に沿うようにしていますが、そのときの状況などによっては、受けいれられないこともあります。そうしたときにこそ、「バースプラン」を元に話しあって確認することができます。医療スタッフに希望を伝えるだけでなく、さらに互に了解するためものでもあるわけです。


まず、頭の中を整理してみる

「バースプラン」を書く目的は、要望を伝えるという意味もありますが、もうひとつ大きな意味合いが含まれています。それは「バースプラン」を書くことによって、妊婦さん自身が、自分はどのようなお産を望んでいるのか、頭の中で整理することができるということです。
漠然と「こんなお産がしたいなあ」と思っていても、それをうまく言葉にすることができなければ、相手に伝えることも質問することもできません。言葉にして、書き出してみることによって、頭の中が整理され、自分から積極的にお産にかかわっていくという気持ちが生まれてきます。
一方、病院のスタッフたちは「バースプラン」を読むことによって、妊婦さんたちのニーズを知ることができます。病院の中では、あたりまえに行われていたひとつひとつの処置などが、産む人たちにとっては違和感をもって感じられているということがわかることもあります。
また、希望を聞くことによって、妊婦さんの考え方を知ることもできます。以前は、病院にお任せという人が多かったのですが、最近はちょっとヒントをもらうと、自分なりの要望を多くの方が出してくるようになりました。要望を聞いてもらえるということがわかれば、互いに信頼関係も生まれ、妊婦さんも積極的にお産に参加するという前向きな気持ちが出てくるようです。


お産への前向きの気持ちが満足感につながる

もちろん「バースプラン」を書いたからといって、安産になるというわけではないのですが、ただ「バースプラン」を書いた人のほうが、自分でお産に前向きに取り組んだという気持ちをもっているからでしょう、お産に満足される方が多いようです。
どんなお産であったにせよ、自分のお産について振り返ったり感想を言ったりして、産んだあとに気持ちの上で整理できた人と、そうでない人とでは、お産への満足度は違ってくると思います。お産に満足されることは、その後の育児にも関わってくることです。
今後は、日本でもこうした「バースプラン」を、なんらかの形でとり入れる施設が増えてくると思います。けれど、とくに文書にして「バースプラン」を提出しなくても、健診の際や準備クラスなどで、医師や助産婦に要望を伝えることは可能ですし、それもまた形は違いますが立派な「バースプラン」になると思います。


<< あたたかいお産と子育て TOP

Contents Copyright(C)1996- babycom