妊娠・出産・育児 -babycom-
ワーキングマザー



Working Mother 総合目次


babycom Working Mother

妊娠への準備


今すぐに妊娠、出産を計画していなくても、将来的には、子どもが欲しいなあ、と考えている人は多いのでは。でも、人間のからだというのは生身ですから、計画どお りにはなかなかうまくいかないこともあります。

「まだまだ先の話と思っていたのに 、妊娠した!」という人もいますし、「え!? もしかして不妊?」という、欲しくてもなかなかできないという人もいます。結局、赤ちゃんは授かりもの。なかなか計 画どおりというわけにはいきません。

でも、やはりからだと心の準備はしておきたい。これは、将来的に妊娠するかどうかということより、女性として自分のからだを見つめ直すことでもあります。

...................1.月経不順と貧血を治しておこう

...................2.冷えも大敵

...................3.タバコ、アルコール

...................4.極端なダイエットは禁物




 関連情報

プレマタニティ
これから妊娠
.......産むかもしれないあなたへ

産むタイミングをどうつかむか、いったいいつまで妊娠は可能なのか、それまでに準備しておくことは?

妊娠の準備のための漢方的健康術

プレマタニティ養生法

子どもと食べもの
胎内からはじめる食育




卵子story
by babycom

妊娠に向けて知っているようで知らない自分のからだ、卵子のこと。小学館
韓国、台湾でも出版!

 1.月経不順と貧血を治しておこう


まず、最近、若い女性に目立つのが月経不順と貧血。
10代20代はとくに、スタ イルを気にしてダイエットを実行している女性が多いので、このダイエットが原因で、月経不順や貧血を起こしやすくなります。
こうした症状は、日常生活の中で、気にはなっても、一時的にやり過ごしてしまえるものですから、多くの人は治療が必要なこととはあまり考えないようですが、こうしたことが妊娠やのちの更年期に影響を及ぼします。
まず、極端なダイエットは、月経を不順にさせます。毎月の月経につきあうのは、めんどうなこととはだれもが思いますが、月経が規則的にないと妊娠するのが難しく なります。いざ、子どもが欲しいを思っても、なかなかできない、ということになる 。産婦人科で、まず月経不順の治療から始めましょう。月経痛の激しい人も、からだのバランスやリズムが一定でないことから起こるもので、治療が必要。月経痛はあってあたりまえなのではありません。治療すれば痛みや不快な症状は、改善されます。

また、貧血は妊娠するとさらに強い貧血をひき起こすことがあります。妊娠中は、ふだん貧血でない人も、おなかの赤ちゃんに血液を送らなければならないので、妊娠性の貧血になりやすいもの。母親自身が慢性の貧血であればなおさら、さらに血液中の鉄分は少なくなってしまいます。妊娠中、貧血のまま放置しておくと、出産のとき出血をしやすく、多量に出血した場合には、輸血が必要になってきます。さらに、産後も貧血が続き、頭がふらひらするなどの症状が表われます。産後は、それでなくても赤ちゃんの面倒をみるので疲れやすいときですから、貧血であればなおさら、かなりヘビーな状態になります。

babycom preMaternity
これだけは知っておきたい「月経のしくみ」


 2.冷えも大敵

Page TOP

冷えも、月経不順や貧血、不妊や妊娠中のトラブルに影響してきます。
今どきは、高校生が超ミニスカートで冷えびえしていますし、やっぱりファッション性を考えると、あたたかいパンツなどははけないのかもしれませんが、これがからだを冷やすことは、とくに子宮周辺の機関や機能に影響します。
冷えは、腰痛を引き起こす原因にもなりますし、子宮まわりの機能の低下を引き起こします。子どもが欲しいと思っても、なかなか妊娠しなかったり、あるいは妊娠してもおなかが張りやすいなどのトラ ブルの原因になりやすい。できるだけ、腰まわりは、あたためておきたい。

関連情報:babycom Birth「マタニティーのセルフケア_冷え」


 3.タバコ、アルコール

Page TOP

これも、常識ですが、妊娠中のタバコとアルコールは、胎児に悪影響を及ぼします。
妊娠中は、母親のからだは自分ひとりのものじゃなくて、赤ちゃんも共有しているもの。母が吸ったニコチンや、飲んだアルコールは、同じように胎児のからだにも摂取されます。喫煙者から生まれた赤ちゃんは、ノンスモーカーの妊婦から生まれた赤 ちゃんより、生育に遅れがみられ、小さく生まれてくるという報告があります。また、アルコール中毒患者から生まれた赤ちゃんは、生まれながらにしてアルコール中毒者である場合もあります。

タバコ、アルコールは、妊娠中だけでなく、産後も赤ちゃんへ影響します。タバコの煙は同じ部屋で吸っていると、間接的に赤ちゃんも吸い込むことになりますし、母乳をあげている場合には、母親が飲んだアルコールをおっぱいを通して、赤ちゃんに飲ませることになります。むろん、赤ちゃんはからだが小さい分、少量でその影響は 出てきます。
妊娠を意識するのであれば、少なくとも妊娠する6ケ月前には喫煙をやめ、アルコールは極力減量(妊娠したらビールコップ1杯程度)することです。

関連情報:babycom歯育「喫煙が妊婦と赤ちゃんの歯に及ぼす影響」


 4.極端なダイエットは禁物

Page TOP

急激に体重を減らすための、極端なダイエットはからだに負担をかけるだけです。 昨日まで一定量食べていたのに、急に食べなくなるのでは、そもそもこうしたダイエ ット法が長続きするはずがありませんし、極端な減量は、からだ全体のバランスをくずします。

まず、食生活の見直しから始めましょう。あたりまえのことですが、野菜中心のメ ニューにする。外食を減らし、自分でヘルシーメニューをつくってみる。甘いもの( 市販のお菓子類、ケーキ、アイスクリーム、チョコレート)などは、できるだけ控える(すくなくとも毎日食べない)。ポテトチップ、ガム、フライドポテト、ハンバー ガーなども、毎日食べない。できるだけ、間食をせずに、3食きちんと食べる。これだけで、だいぶ減量できると思います。
極端なダイエットは、月経不順や不妊の原因になります。妊娠する前に、長期的に食を見直し、からだを全体的に整えておきましょう。

関連情報:babycom胎内からの食育「胎児が危ない!危険な妊婦のダイエット」

利用したい出産・育児制度産みどきを考える妊娠への準備| 妊娠中の働き方働く母のいろいろな悩み


working mother VOICE
babycom Working Mother VOICE


ワーキングマザーとしての体験や悩み、考えをみんなでシェア。
一人ひとりの経験がみんなのために!ご活用ください。


Contents Copyright(C)1996- babycom