妊娠中の働き方

妊娠への準備(1)

今すぐに妊娠、出産を計画していなくても、将来的には、子どもが欲しいなあ、と考えている人は多いのでは。でも、人間のからだというのは生身ですから、計画どおりにはなかなかうまくいかないこともあります。

「まだまだ先の話と思っていたのに 、妊娠した!」という人もいますし、「え!? もしかして不妊?」という、欲しくてもなかなかできないという人もいます。結局、赤ちゃんは授かりもの。なかなか計 画どおりというわけにはいきません。

でも、やはりからだと心の準備はしておきたい。これは、将来的に妊娠するかどうかということより、女性として自分のからだを見つめ直すことでもあります。

..........1.月経不順と貧血を治しておこう

..........2.冷えも大敵

..........3.タバコ、アルコール

..........4.極端なダイエットは禁物


まず、最近、若い女性に目立つのが月経不順と貧血。
10代20代はとくに、スタ イルを気にしてダイエットを実行している女性が多いので、このダイエットが原因で、月経不順や貧血を起こしやすくなります。
こうした症状は、日常生活の中で、気にはなっても、一時的にやり過ごしてしまえるものですから、多くの人は治療が必要なこととはあまり考えないようですが、こうしたことが妊娠やのちの更年期に影響を及ぼします。
まず、極端なダイエットは、月経を不順にさせます。毎月の月経につきあうのは、めんどうなこととはだれもが思いますが、月経が規則的にないと妊娠するのが難しく なります。いざ、子どもが欲しいと思っても、なかなかできない、ということになる 。産婦人科で、まず月経不順の治療から始めましょう。月経痛の激しい人も、からだのバランスやリズムが一定でないことから起こるもので、治療が必要。月経痛はあってあたりまえなのではありません。治療すれば痛みや不快な症状は、改善されます。

また、貧血は妊娠するとさらに強い貧血をひき起こすことがあります。妊娠中は、ふだん貧血でない人も、おなかの赤ちゃんに血液を送らなければならないので、妊娠性の貧血になりやすいもの。母親自身が慢性の貧血であればなおさら、さらに血液中の鉄分は少なくなってしまいます。妊娠中、貧血のまま放置しておくと、出産のとき出血をしやすく、多量に出血した場合には、輸血が必要になってきます。さらに、産後も貧血が続き、頭がふらひらするなどの症状が表われます。産後は、それでなくても赤ちゃんの面倒をみるので疲れやすいときですから、貧血であればなおさら、かなりヘビーな状態になります。


babycomプレマタニティ
あわせて読みたい
babycom preMaternity
妊娠前に知っておきたい月経のこと

東洋医学からみたプレマタニティの体

あなたの血は大丈夫? 1分間診断



冷えも、月経不順や貧血、不妊や妊娠中のトラブルに影響してきます。
今どきは、高校生が超ミニスカートで冷えびえしていますし、やっぱりファッション性を考えると、あたたかいパンツなどははけないのかもしれませんが、これがからだを冷やすことに。とくに子宮周辺の器官や機能に影響します。
冷えは、腰痛を引き起こす原因にもなりますし、子宮まわりの機能の低下を引き起こします。子どもが欲しいと思っても、なかなか妊娠しなかったり、あるいは妊娠してもおなかが張りやすいなどのトラ ブルの原因になりやすい。できるだけ、腰まわりは、あたためておきたい。

マタニティのセルフケア
あわせて読みたい
マタニティのセルフケア

今から治しておこう! 自分でできる冷えの対処法って?

関連CONTENTS

利用したい出産・育児に関する制度

妊娠への準備

妊娠中の働き方…からだのこと、仕事のこと

working mother VOICEbabycom Working Mother VOICE

ワーキングマザーとしての体験や悩み、考えをみんなでシェア。
一人ひとりの経験がみんなのために!ご活用ください。




babycom WorkingMon

babycom WorkingMon インデックス

保育園に入るために
保活から復帰後の保育園生活まで

出産・育児に関する制度
妊娠したら調べておこう

妊娠への準備
月経不順や冷えを治してからだを準備

妊娠中の働き方
気になるからだのこと、仕事のこと

ワーキングマザーの自然食計画
ヘルシー&シンプルな自然食で時短!

子育て・仕事・わたし
小児科医Dr.ひだまりのWM応援エッセイ

インタビュー
WMの仕事と育児とプライベートタイムを紹介



妊娠・出産、母乳ワード101妊娠・出産・産後ワード101
安産と楽しいマタニティライフに役立つ101用語を解説しました。




babycom おすすめ記事
babycom Site
高齢出産-babycombabycom 高齢出産という選択

高齢出産のパーセンテージは年々高くなっている。リスクばかりが強調されがちだが、高齢出産でなければ得られない喜びやメリットもあるはず。



TOP▲