妊娠・出産・育児 -babycom-
ワーキングマザー



Working Mother 総合目次


babycom Working Mother

産みどきを考える-2

-産む選択、産まない選択(子どもを持つこと持たないこと)-
babycom 関連情報

いつか産むかもしれないあなたへ


高齢出産という選択


○高齢出産アンケート結果掲
○高齢出産VOICE
<< 1.出産適齢期はあるのか

...................●高齢出産は増えている
...................●医学的、生理的にみた高齢出産のリスク
...................●キャリア女性が子をもつということ
...................●現在、そして今後の課題

2.産む、産まない

3.母は動物的な仕事だ


 

産みどきを考える

2.産む、産まない


ひと昔前にくらべると、私たち日本の女性は、生きる道の選択肢が格段に拡大した。結婚しなくてもいいし、してもいい。仕事を続けてもいいし、やめてもいい。子どもを産んでもいいし、うまなくてもいい。
10年前の調査になるが、アメリカの大学卒の白人女性が、将来結婚する確率は、30才で20%、35才になるとわずか5%という数字がある。およそ10人にひとりは独身ということになるらしい。

その理由として・・・・

・教育を受ける期間がのびた
・若いときに経済的な余裕がなかった
・仕事第一に考える人が増えた
・離婚に対する恐れが強い(結婚の40%が離婚。その多さが結婚観を幻滅させている)
・独身でいても白い目で見られなくなった
・出産、育児を高年まで遅らせることが可能になった
・妥協を嫌う傾向が強い(男ならだれでもいいというわけにはいかない、ということか?)

(『「結婚」「子ども」どう考えていますか』木元教子、北川真由美著、三笠書房)

日本も、最近はおよそこの結果に近いのではないか。高齢出産が増えているのは、生まない選択をしているというよりも、生む選択を伸ばし伸ばしにしている人が多いという話もよく聞く。
これだけ、女性が男並みに、バリバリ働いているのだから、もっと「生まない選択」をビシッとする人が増えてもいいと、私は思うのだけれど、実際は多くの女性たちが、潜在的に「産む」ということを頭のどこかに入れているようなのだ。


Page TOP


産みどきを考える

3.母は動物的な仕事だ


しかし、私が考えるに、母をやる、言いかえれば赤ん坊の面倒をみるというのは、妊娠中を含めて、すごく動物的になることなのだ。
たとえば、つわりでやたら気分が悪くなったり、ちょっとしたことでイライラクヨクヨしたり感情的にもなるし、日に日に腹は出てきて、世にいう女の美貌だのファッション性はまったくなくなる。お産は、まさに動物的。
さらに、生まれれば、ギャーギャー泣き叫び、ヨダレはタラタラ流す、まさに野獣のような赤ん坊と、毎日格闘しなけりゃならない。子どもって、大人が想像する以上にすごいエネルギーの持ち主だから、その面倒をみるってことは、動物サーカス団の調教師、はたまた野性動物サンクチュアリの監視員に相当する。
それは、スーツを着て、ヒールの靴で、どろ水に飛び込んでいくようなもののように、私には感じられる。

仕事をエレガントにこなし、キャリアを積んで男並み、あるいはそれ以上に仕事をしてきたインテリで都会的な女性が、どろどろしているとも言える『母』という作業に身を投じようとする姿勢に、 私は純粋にフシギだなあ、と思ってしまう。しかし、子どもの数が少なくなっているということは、このへんにも関係がありそうだ。
大手出版社に勤めるある女性は「産休だけをとって、生後2ケ月から仕事に復帰した。家に帰ると、家事と育児に追まくられて、ゆっくりする暇もない。子どもは実家に預けているので、残業は今までどうりにできる。あまり残業が続くと、子どもになんだか悪い気になって、帰宅途中に寿司折を買って帰ったりすることもある。まるで、オヤジですね。正直言って、家にいるときより、会社にいるときのほうがリラックスできる。母親というより、父親感覚ですね」と話してくれた。

卵子story babycom

卵子も歳をとる!知っているようで知らない自分のからだ、卵子のこと。
韓国、台湾でも出版

はらむ、産むは女性にしかできないけれど、育てるのは男女関係なくだれにでもできる。稼ぐことも、男、女関係なくなっている。
動物的な子を育てる『母』は、生理的な『母』と育てる『母』がかならずしも同じでないという時代に、日本も突入しようとしている。


利用したい出産・育児制度産みどきを考える妊娠への準備 妊娠中の働き方働く母のいろいろな悩み


working mother VOICE
babycom Working Mother VOICE


ワーキングマザーとしての体験や悩み、考えをみんなでシェア。
一人ひとりの経験がみんなのために!ご活用ください。



Contents Copyright(C)1996- babycom