babycomアンケート アンケート結果
不妊に関するアンケート


不妊治療の体験者に対して治療の実態に関する調査
実施:babycom
実施期間:2003年〜2005年8月
babycom掲載:2006年1月27日


不妊に関するアンケート
不妊に関するアンケート結果報告
babycomでは2003年〜2005年にかけ、不妊治療の体験者に対して治療の実態に関するWEBアンケート調査を行い、 235名の方から有効回答をいただきました。
アンケートにご協力をいた だきました方々に改めてお礼を申し上げます。

アンケートの分析をNPO市民科学研究室・生命操作プロ ジェクトと共同で進め、集計作業が終わりましたので中間報告として掲載いたします。
患者の精神的・肉体的ストレスや苦痛は、想像以上に大きく深刻であ ることに改めて気づかせられました。今後はさらにコメントなどの詳細 な分析を通して、不妊患者のおかれた社会的な状況や不妊医療の問題点などを探り、不妊の現状を浮き彫りにしていきたいと考えております。

■アンケートの概要

 ・有効回答数235件
 ・平均年齢本人/34.7歳、パートナー/36.2歳
 ・平均治療期間本人/2.5年、パートナー/1.4年
 ・治療開始までの期間結婚後、平均2年
 ・不妊治療にかかった平均金額¥975.000-
 ・成功率(妊娠率)40%(※流産は含まない)
 ・流産率30%


※babycom(ベビーコム)のすべての情報の無断掲載、転載は禁止いたします。

■問1:現在のあなたとパートナーの年齢

平均年齢は本人が 34.7歳、パートナーが36.2歳。30代、40代が大部分を占めている。
年齢と治療結果(問25の「出産した」「妊娠した」「流産した」「妊娠しなかった」)との相関はみられなかった。

【グラフ1】本人の年齢(女性)
不妊に関するアンケート【グラフ1】本人の年齢(女性)

【グラフ2】パートナーの年齢(男性)
不妊に関するアンケート【グラフ2】パートナーの年齢(男性)

■問4:現在の状況を教えてください。(複数回答)

約2割の方が不妊治療を終えてからアンケートに答えている。

【グラフ3】現在の状況
不妊に関するアンケート【グラフ3】現在の状況

問5:結婚後、どれくらいで治療をはじめましたか。

結婚後2年未満で治療を開始している人が38%である。年齢と治療開始時期との相関はみられず、若くても治療を開始している。

【グラフ4】結婚後治療を開始した期間
不妊に関するアンケート【グラフ4】結婚後治療を開始した期間

不妊アンケート集計分析結果 2006年


高齢出産、高齢妊娠、育児VOICE 高齢出産ボイス不妊の体験をシェア
高齢出産VOICE
「不妊」カテゴリーへ

コウノトリVOICEバックナンバー
 きっと役立つ!みんなの体験…….
 過去ログデータベース:2003年〜2011年 11月


不妊・不妊治療関連情報

養子制度について考える

養子制度について考える

不妊と多様な選択
インタビュー調査から見えてくるもの


医師の超高齢出産と第三者生殖技術に対する意識調査「報告」

babycom 卵子提供・代理出産
卵子提供・代理出産

卵子提供・代理出産を考えるプロジェクト。さまざまな方の経験を通し卵子提供・代理出産を考える。制度や書籍、資料なども紹介。


prematernity-babycom-
産むかもしれないあなたへ

 妊娠のための「女性のからだと仕組みと健康」について

babycom 高齢妊娠・出産情報データ&ガイド 高齢出産という選択

ともするとリスクばかりが強調されがちだが、高齢出産でなければ得られないメリットもある。データ&ガイド


おすすめの不妊本 不妊関連の書籍

『生殖技術』-不妊治療と再生医療は社会に何をもたらすか 『生殖技術』-不妊治療と再生医療は社会に何をもたらすか 柘植 あづみ (著)

生殖技術の問題と解決を照らし出す、画期的論考。



babycom おすすめ関連コンテンツ



TOP▲