妊娠と子育ての環境問題babycomエコロジー







Lifestyles of Health and Sustainability
健康かつ持続可能なライフスタイル

この言葉を略したのがLOHAS(ロハス)。最近、よく耳にするようになってきました。自分にとっても、地球にとっても、やさしく健康的で幸せな生活をしよう!と、90年代の末にアメリカで生まれた思想です。

ベビーコムではこの「ロハス」という眼鏡を通して、自分たちの健康と、キッチンという環境を見つめてみたいと思います。
キッチンで使うエネルギーや食材がどこからきているのか?どのように生まれているのか?そして、どんな最後をむかえているのか?
それを知ったうえで、はじめて自分たちの身体と地球にやさしいものが見えてくると考えたからです。
キッチンの仕事のやりかたをひとつ変えるだけで次世代の子どもたちが生きてゆく環境が守れる。そんなふうに考えるのが「ロハス」の第一歩。まずはキッチンの中のエネルギーを見直すことからロハスライフをはじめてみませんか? (2006.4月更新)




1.キッチンの中のエネルギー
 家で使っているエネルギーはどうやって生まれたの?そんな視点で見直してみよう

2.ロハス的思考で変わる台所仕事
 「つぶつぶカフェ」オーナー兼食デザイナー大谷さんに聞く!

3.ガスと電気の違いはどこにある?
 ロハスな視点から考える台所の「火」について

4.一日に電磁波どれくらい?試してみました電磁波チェック!
 24時間電磁波計測、17人の男女のある冬の一日そこからわかったことは

5.ロハスな生活・新しい発想の提案「地球とわたしの快適性」
「地球」と「わたし」にやさしい本当の快適性、次世代に伝えたい工夫やアイデアとは!


作曲家 コンポーザーの中村幸代さんのロハスライフ
音楽で伝えたいこととは、地球や自然や命のすごさに対する感動。それを守りたいという想い。「でもけして押し付けがましくなく、しなやかでやさしい気持ち」


取材協力:つぶつぶカフェ大谷大谷ゆみこさん
財団法人ヤマハ音楽振興会 2005.11〜2006.3



babycom ecology関連特集 「ちきゅうの食卓

毎日の食生活を見直すことで、地球環境に何らかの働きかけはできないものか!
「ちきゅうの食卓」では、食にこだわるbabycom世代の食卓をレポート。
子どもたちの心や身体に、そして地球環境にやさしい食生活について考えます。




babycom mook
ベビーコムムック4冊
今必要な妊娠、子育て情報 保存版!
Vol.4
特集「電磁波対策」


妊娠と電磁波、子どもと電磁波など健康への影響を探る。
Vol.2
特集「子育てハウス」


赤ちゃんがいちばん長い時間を過ごす家、安心して暮らすノウハウ。
Vol.3
特集「ロハスな台所」


キッチンから考える「ロハス」なライフスタイル。



Contents Copyright(C)1996- babycom