妊娠・出産・育児-babycom
babycom kitchen
妊娠中から離乳、そして子育てに役立つ食育情報と自然食レシピ





会員登録/はじめての方

妊娠中、離乳食、子育ての食育
妊娠中、離乳食、子育ての食育
babycom kitchen TOP
妊娠・出産-babycom

マタニティ薬膳 ..... 妊婦の栄養学
妊娠中の栄養と健康の基礎知識を解りやすく解説
妊娠・出産


妊娠中の栄養学:マタニティ薬膳


妊娠時の栄養

「つわり」の時は何を食べたらよいのでしょうか?

妊娠の初期5から7週ごろから、胸やけ、食欲不振、食べ物の好みの変化がおこります。大部分の妊娠した人にみられ、つわりのない人は数パーセントといわれています。また人によってその症状の強弱があります。

食事が食べられないので、胎児に影響があるのではと大変心配する人もいます。しかし妊娠4ヵ月頃までは、胎児の発育のために余分にとらなければならない栄養素の量はきわめて少ないのです。したがって、無理して食べなくても胎児に影響はありません。

無理して食べるとかえって嘔吐をしてしまいます。食べたい食べ物を、食べたい時に、食べたい量を食べることで良いのです。


朝起きた時や空腹時には症状が現われやすいので、朝目が覚めた時に少量何か口にすることも有効です。空腹と疲労を避けるようにしましょう。また、臭に敏感になりますから、暖かい食物よりも冷たい食べ物が食べやすいようです。

体重をチェックして、体重がほとんど変わらなければ、最少の栄養がとれているものと考えます。
もし、体重が目だって減少するようならば入院して栄養を補給する必要があります。これは妊娠悪阻と呼びつわりが悪化して、栄養失調などの全身的栄養障害をきたしたものです。約1%の妊婦にみられます。

妊娠2から3ヵ月では次のように食生活を注意しましょう。

 1.献立は妊婦の好みにあわせて食べやすく。

 2.空腹時に嘔吐しやすいので、一回に少量ずつ食べましょう。

 3.嘔吐で水分が失われるので水分やビタミン(B群やC)の補給をしましょう。
  ビタミンAの過剰は危険なので避けること。

 4.食事によって栄養素が十分に摂取されないので、一回の食事は、
  少量で栄養価の高い物をなるべく心がけましょう。

 妊娠4カ月目になると、つわりは自然に直ります。




マタニティ薬膳 ..... 妊婦の栄養学

胎児と母性のための栄養
妊娠時の栄養  つわりの時,何を食べたらよいのか?
妊娠中期の栄養1 妊娠中に大切なカルシウム
妊娠中期の栄養2 鉄は足りていますか?
妊娠中期の栄養3 銅は足りていますか?



babycom top
Contents Copyright(C)1996- babycom