マタニティと子育てに役立つ栄養学、シーフードベジタリアン

マタニティと子育てに役立つ栄養学ロゴ日本人の体質にあった食事スタイル
シーフードベジタリアン

妊娠したり子どもが生まれると、今まで以上に「安全でからだによいものを食べたい、食べさせたい」と思うようになります。でもいったいどんな食事がからだによいのでしょうか。 そこで提案したいのが、日本人の体質にぴたりと合う食事「シーフードベジタリアン」。それは、難しくなく、簡単に取り入れられるごくシンプルなもの。昔ながらの魚と穀類、野菜をメインにした食事のスタイルです。
このシリーズでは、赤ちゃんの健やかな成長と家族の健康づくりに役立つ「シーフードベジタリアン」の栄養学の考え方と、魚のすり身を使ったヘルシーなクイックレシピを紹介します。




わたしと家族のための栄養学 シーフードベジタリアンの栄養学

海と大地のテーブル

妊娠中から離乳食、子どもの食事まで、家族みんなが魚好きになるアイデア満載のエッセー。魚を食べて健康になるキーポイントを、長年魚の栄養を研究してきた鈴木たね子先生にお聞きしました。



ベジタリアンの語源は“健康で生き生きしている”という意味。そこから、わたし達日本人の体質に合う食事スタイルについて考えます。

大人だけなく子どもの肥満も激増している今、なぜ魚食が健康によいといわれているのでしょうか。その答えは、魚と肉の油脂の違いにあった!

なぜ、「日本人の子どもはIQが高い」といわれているのか? 脳の発達に欠かせない大切な「DHA」と、それを賢く食べる知恵を紹介します。

魚料理は面倒と思っていませんか? でも大丈夫、SURIMIプロダクトなら簡単に食べられて調理いらず、しかも無添加のナチュラルフードです。

タンパク質たっぷり、低カロリーで脂肪燃焼効果もある「かまぼこ」の魅力と、ヨーロッパやアジア各国のSURIMIプロダクトを紹介。

若い女性に多い「鉄欠乏性貧血」。とくに妊娠中は普段より1.7倍もの鉄分が必要に。魚と野菜を上手に組み合わせた鉄分補給の方法を紹介。

そもそも離乳食はなぜ必要なの? 離乳食に悩むママへのアドバイスと、鉄分とDHAたっぷりの離乳食のアイデアも。

シーフードで質のよい母乳ができる?! シーフードベジタリアンの食事は赤ちゃんにとってどんな効果があるでしょうか。

子どもはおやつ抜きで“プチ断食状態”になる? 子どもにおやつが必要な理由と、健康的なおやつについて考えます。

特別な材料や難しい調理法の心配はご無用。いつもの材料とちょっとしたひと手間でつくるシーフードのおせちはいかが?

脳の発達に重要な噛むこと。噛んで食べることが苦手な子が多くなった今、かまぼこが幼児食として注目されています。

妊娠高血圧症候群は、シーフードで予防できることを知っていますか?「かまぼこの健康機能性」の研究成果の中から紹介します。


鈴廣かまぼこ babycom kitchen食育

babycom kitchenOrganic kitchen

コンテンツ協賛:鈴廣かまぼこ
天然素材、安心無添加の製品をお届けします


四季のメニュー

クイックレシピ 四季のメニュー 一覧

春春のレシピを見る>>
春のレシピ 玄米サフラン味はまぐりお花見リゾット

玄米をベースに、ハマグリとよもぎ入りかまぼこそして黒オリーブが新鮮


夏夏のレシピを見る>>
夏のレシピ 夏野菜のモザイクゼリーよせ

夏野菜の色鮮やかさが食欲を誘う、涼しげな一皿


秋秋のレシピを見る>>
秋のレシピ フィッシュボール

バルサミコのソースが一味違うフィッシュボール


冬冬のレシピを見る>>
冬のレシピ すり身のリエット

雑穀米ミックスとイタリア風に仕上げたすり身が新鮮な一皿



TOP▲