妊娠・出産・育児-babycom
アメリカの不妊事情レポート by babycom
不妊-babycom「コウノトリ」
不妊:babycom



不妊-babycom TOP

アメリカの不妊事情


インデックス 不妊情報をbabycomの
視点で特集掲載

アメリカ不妊事情
2002.12月babycomはアメリカ3都市で不妊治療に関する取材を実施。
アメリカ不妊レポート

babycom不妊
コウノトリVOICEバックナンバー
過去ログ:2011年 11月まで



babycomプレマタニティ特集-4
不妊・コウノトリはやってくる-babycom-


不妊の悩みや体験をシェア
高齢出産VOICEの「不妊」カテゴリーへ
不妊VOICE-babycom-

2002年12月、babycom はアメリカ3都市で不妊治療に関する取材を行ないました。
不妊医療は、各国で先端的な技術がさかんに開発されていますが、中でもアメリカ合衆国は、エッグドナーや代理母、養子縁組など、治療の先に見えてくるさまざまな選択肢を積極的に広げている国です。日本では倫理的な問題から、産婦人科学会やさまざまな機関で論議、検討が行なわれているエッグドナー、代理母などについても、州によっては法的に整備され、実施されているところがあります。

日本でも、不妊治療を受ける人は年々増えていますし、長年の治療の末、どうしてもほかに選択肢がないとされた人たちの中には、アメリカへ渡って治療を受けるケースも出てきています。しかし、エッグドナーや代理母などについては、日本ではまだ、その詳しい実情についてあまり知られていません。
日本とは文化の違うアメリカのやり方をそのままとり入れることは、問題を多く含んでいますし、倫理的な問題はさらに議論されなければいけないことでしょう。しかし今後、不妊治療はその技術を大きく伸ばし、卵細胞や受精卵を利用する技術や、クローン技術などは、ますます進行し、止められそうにない気配です。

babycom では、そうした治療や選択肢について是非を問うつもりはありません。実際に多くの議論が必要です。私たちは事実を知りたいと考え、アメリカで今、何が行なわれているのか各地で取材を行ないました。日本の治療現場の中で、欠けていると感じられる心のケアにいついても、カウンセリングが一般的に行なわれています。
2002年12月時点での、そうしたさまざまな治療現場の報告を、ニューヨーク、ボストン、ロスアンジェルスから特集でお伝えしていきます。


 アメリカの不妊事情INDEX

第1回 不妊治療体験報告「ニューヨーク不妊レポート」

 マンハッタンの見えるアパートで、ホーム・バースを計画中

 2年間の治療の末に妊娠


第2回:不妊医療レポート in Boston「アリス・ドマール教授に聞く」

 カウンセリング・グループワークを行なっているボストンIVFセンターのアリス・ドマール教授へのインタビュー

 「Mind/Body」とは
 からまった心の糸をほぐす
 マイナス思考をプラスに変える4つの質問
 <もうひとつの選択
 サポートの場をもとう


第3回:不妊医療レポートin Boston「全米最大の不妊治療センターから」

 ボストンIVFセンターの生殖補助医療専門医2人のインタビューと2000年度の治療データを紹介

 IVFセンター 2000年度 統計表
 広がる不妊治療の選択肢 Dr. Penzias/生殖補助医療専門医
 先端的生殖補助医療のゆくえ Dr. Powers/センター科学部部長


第4回:不妊医療レポート「不妊と高齢出産」

 ボストンIVFクリニックの医師によると、35才以下の女性は1年以内に90%の人が自然妊娠するが、
 35才以上ではその数は80%以下。
 10人に2人以上の女性は自然に妊娠するのが難しいという。


 卵ドナーという選択 
 高齢出産での出生前診断
 出生前診断検査の研究所


アメリカの家族観と養子縁組 第5回:不妊医療レポート「アメリカの家族観と養子縁組」

 アメリカの家族観をベースに、
 子どもをもつ選択肢のひとつとしてアメリカでは一般的な養子縁組みについてレポート。


 養子縁組みという選択
 国際養子縁組み
 アメリカの家族観の中で


第6回:不妊医療レポート「代理出産、代理母」

 アメリカでは、カリフォルニアなど代理出産が法的に守られているいくつかの州があり、
 日本から渡米するカップルもいる。代理出産についてカリフォルニアで取材。


 代理出産に関する法的な問題
 代理母、卵ドナーのカウンセリング
 代理出産によって赤ちゃんを
 代理母を経験した家族
 医師の立場から


第7回:不妊医療レポート「出生前診断と社会システム」

 ニューヨーク市立大学社会学教授バーバラ・カッツ・ロスマン氏に聞く

 出生前診断と揺れる母性
 女性のからだと社会システム
 代理母.....妊娠はサービスか?
 産むことと育てることは別な問題
 自分らしいチョイス



Contents Copyright(C)1996- babycom