妊娠・出産・育児 -babycom-
ワーキングマザー



Working Mother 総合目次


babycom Working Mother

働く母のいろいろな悩み

 冷えは妊婦の対敵


先日、ある妊娠中のワーキングマザーがマタニティ・クラスにやってきました。彼女はバリバリのキャリア女性。やっとつわりもおさまった頃ですが、その出で立ちは、ヒールのパンプスにストッキング。
彼女にしてみれば、普段のスタイルなのでしょう。でも、そのヒールは、ちょっと妊婦らしからぬ感じ。
さて、彼女は、おなかが張ると言ってちょっと心配気。仕事は忙しく、休める状態ではないとのことで、妊娠と仕事との板ばさみに悩んでいる様子。冬に向かうシーズン。冷えやストレスがおなかの張りにつながることは多いもの。

ちょっと格好は悪いかもしれませんが、まず、ヒールの靴をペタンコ靴に変えたほうがいいでしょうね。ヒールの靴は、転ぶとこわいということばかりでなく、はやりかかとの高い靴は、骨盤にかなり負担がかかります。姿勢を保つのも大変なので、妊婦にはきついと思います。
そして、ストッキングの上に、ソックスをはいたり、おなかにはゆるやかなガードルなどで保温をしたほうが、体をあたためるには得策です。自分では冷えを感じないかもしれませんが、子宮は感じやすい器官ですし、そのために子宮がちじこまって張ってしまうこともよくあります。
とくに冷え症の人は、寝る前にお風呂にゆったり入るとか、お風呂に入れない場合には、足をお湯に浸す「足湯」がおすすめ。洗面器にお湯を入れて、くるぶしの下をひたします。10〜15分くらい。足がピンク色に変わり、体中がポカポカとするくらいまで、あったまって下さい。
寝るときもソックスをはいて寝るといいでしょう。毎日の冷えをとることで、張りもおさまってくるでしょう。

でも、暖めることといっしょに、ストレスを解消したり、休息をとることも忘れずに。一日に何回もはるような人は、思いきって数日、仕事を忘れてノンビリして下さい。仕事を休むことも、この時期、気持ちを切り替える上で大切なことだと思います。


関連情報:babycom Birth「マタニティーのセルフケア_冷え」


利用したい出産・育児制度産みどきを考える妊娠への準備 妊娠中の働き方働く母のいろいろな悩み


working mother VOICE
babycom Working Mother VOICE


ワーキングマザーとしての体験や悩み、考えをみんなでシェア。
一人ひとりの経験がみんなのために!ご活用ください。


Contents Copyright(C)1996- babycom Kikuchi