産院選びのためのお産情報 お産ガイド TOP
妊娠・出産・育児babycom

babycom birth TOP妊娠・出産-babycom総合目次

babycom 産院選びのためのお産情報

出産施設のいろいろ

お産のいろいろ
分娩室をのぞいてみよう
世界の分娩室から




 出産施設のいろいろ 



 大学病院

規模:NICU(新生児集中管理室)を備えた、機関病院になっているところもある。他の病院からリスクの高い患者が送られてくる。

出産方法、入院施設:出産方法、母乳に対する考え方は病院によって異なる。新生児 室があるところがほとんど。

特長:いろいろな科が揃っているので、内科などの合併症のある人や、リスクのある 赤ちゃんには安心。高い医療技術で、検査なども充実している。医師が多く、担当医が決めにくい。大学病院の教育機関としての性質上、健診 や分娩の際、研修医らが立ち合い、患者が研修のモデルとなることがある。


 総合病院

規模:100人以上が入院できる設備があり、色々な診療科が備わっている。

出産方法、入院施設:出産方法、母乳に対する考え方は病院によって異なる。新生児室があるところが多い。

特長:
大学病院と同じように複数の科目の診療が受けられるので、リスクのある人には適している。

医師が多く、担当医が決めにくい。
分娩の際、どの医師になるかわからないことがほとんど。
医師によって、出産に対する考え方が異なり、医療処置も異なることがある。


 病院、専門病院

規模:20床以上のベッド数がある施設を病院という。複数の医師がいる。産婦人科専門、あるいは小児科と併設の病院など母子専門病院もある。施設内で対応できない場合には、機関病院へ送る。

出産方法、入院施設:出産方法や、出産に対する考え方は病院によって異なる。新生児室を備えているところが多い。

特長:
専門病院では、出産法に特徴をもたせているところもある。
医師の数が少ない病院では、担当医を指名することも可能。出産に立ち合ってもらえることもある。

担当医が決められないこともある。
医師によって、対応が異なることも。


 診療所

規模:ベッド数19床以下。医師1人以上の施設。
一般に○○産婦人科、○○医院、クリニックと呼ばれている。医師の数が複数で、分娩数の多い施設もあるし、医師ひとりで帝王切開ができない、あるいは分娩を扱っていない施設もある。施設内で対応できないケースは、総合病院や機関病院に送る。

出産方法、入院施設:出産方法や出産準備クラス、サービスに特徴を持たせている施設が多い。母子同室も可能。入院者の数が少ないので、食事に特徴を持たせているところもある。

特長:
地域に根差しているので、通院に便利。
院長の考え方で出産方法や診療の仕方などに特徴が出やすい。
医師も特定できることが多く、診療時間も比較的長いところが 多い。
アットホームな対応。

リスクのある人には不向き。
夜間や休日など、スタッフが十分揃っていない場合もある。


 助産院

規模:助産師が開業している医師のいない施設。助産師の自宅である場合が多い。助産師、スタッフの数は施設によって異なる。施設で対応できない場合には、嘱託医や病院に送る。

出産方法、入院施設:薬剤などにほとんど頼らない自然なお産。ラマーズ法や夫立ち 合いをとり入れている。アクティブ・バースや水中出産をとり入れているところもあ る。ほとんどが、母子同室、母乳をすすめている。

特長:
助産師が健診から出産、産後まで一貫して診てくれる。
自宅出産に近いアット ホームな雰囲気。
食事にも気を使っていて、家庭の味が楽しめる。
退院後も、母乳相談 にのってくれるなどつながりが深い。
医師がいないので、健康な妊婦だけが出産できる。

逆子の対応ができない施設 もある



 自宅

規模:自宅に助産師を呼んで出産する。

出産方法:自分で出産方法を決める。お風呂なども使える。

特長:
自宅でくつろぎながら、リラックスして出産できる。
医療施設やスタッフへの気がねもない。
家族揃って出産を迎えることができる。
赤ちゃんとずっといっしょに過ごすせる。
究極の自然分娩。
健康な妊婦でなければできない。


分娩中に何か起こった場合は、病院へ移動する。
産後、家族の協力が不可欠。
自宅に出張してくれる助産師の数が少ない。



Contents Copyright(C)1996- babycom