産院選びのためのお産情報 お産ガイド TOP
妊娠・出産・育児babycom

babycom birth TOP妊娠・出産-babycom総合目次

babycom 産院選びのためのお産情報

お産のいろいろ_1

出産施設のいろいろ
分娩室をのぞいてみよう
世界の分娩室から



お産のいろいろ

今やお産も多様化して、自分らしいお産が選べる時代になっている。お産を考え、クリエイトするのは、その人の生き方にも似ている。
自分らしいお産をすることは、自分らしく生きること。地域によっては、出産場所が限定され、出産方法を選びにくいところもあるかもしれない。でも、思いがあれば自分たちらしいお産をクリエイトすることはできるはず。開拓精神が大切だ。

      
※詳しい説明は、以下の出産方法をクリックしてください。

自然分娩 吸引、鉗子分娩 帝王切開 麻酔(無痛)分娩
誘発分娩 座位分娩 ラマーズ法 ルボワイエ式暴力なき出産
アクティブ・バース 水中出産 ソフロロジー式分娩 気功式出産(リーブ法)
歌うお産 イメジェリー 家庭出産



自然分娩


帝王切開ではなく、腟を通して産む出産の中で、吸引や鉗子機具などでひっぱることなく生まれた出産、麻酔を使わなかった出産のことが、一般的に自然分娩と呼ばれている。
しかし、実際は産科的に数々のルーティン(慣例)処置がほどこされる。

ルーティンは、浣腸、剃毛、分娩監視装置の装着、点滴、分娩台での固定仰向け姿勢、会陰切開、会陰縫合などがあるが、施設によってその処置の数は異なる。このほか、陣痛を促進するためのホルモン剤が投与されることもある。



吸引、鉗子分娩


鉗子分娩 自然分娩で、胎児の状態が悪くなった場合、機具を使って胎児をひっぱり出す処置。
吸引器は、掃除機のホースのようなものの先に、カップがついていて、カップを産道にいる胎児の頭に吸いつかせる電動装置。鉗子器は、大きなサラダサーバーのような形をした器具で、胎児の頭を挟み、医師が引き出す。

分娩が進み、胎児の頭が産道に降りてきた時点で、陣痛がとうのいて時間がかかったり、胎児の心音が落ちたときなどに施される。



●参考文献/「イマーゴ」青土社 1994




Contents Copyright(C)1996- babycom