| 妊娠・出産 | 育児・子育て | ワーキングマザー | 子育てと環境問題 |
妊娠・出産・育児babycom



REI ONODA


小野田レイ プロフィール

離乳食





これから離乳食をはじめる
ママとパパへのメッセージ
   小野田レイ


私はバースエデュケーターの勉強をし、国際中医師、国際中医薬膳師、日本健康教育士の資格を持ちマタニティアドバイザーとして、NPO法人みんなの食育やフジテレビプロデュース子育て支援「ママトコ」、東京・東峯婦人クリニック、豊倉助産院、子育てサロン、東京ガスなど各地の施設でマタニティクラスと同時に離乳食講座や食育講座を20年近く行っています。
こうした中で、たくさんのお母さん達に出会ってきました。乳児を持つお母さん達は、母乳や粉ミルクから離乳食への移行をどのようにすればスムーズに行えるか、離乳食を始めるにはどのようなことに気をつければ良いか、また、離乳食を作ってみたものの赤ちゃんが食べないなど、とても大きな不安や悩みを抱えているようです。

各自治体や保健センターなどでも離乳食講座が開かれていますが、私の講座に参加されたお母さん達に聞くと、教えていることにかなりバラツキがあるようです。
生後3か月から果汁を勧めているところや、鉄分を摂らせるため、かなり早い段階で動物性のタンパク質を勧めているところなど様々です。 更に、インターネットやSNSなど多種多様な情報があふれ、お母さん達はますますどうしたらいいのか、わからなくなっています。

そんなお母さんのために、いろいろな国の離乳食の与え方や日本母乳の会、アメリカ小児科学会などの知見を基にして、日本人が慣れ親しんでいる和食と栄養学、また中医薬膳学を基本とした離乳食講座を行っています。

今まで食べなかった赤ちゃんが食べるようになることで作る側の意識も変わり、楽しく簡単に作り食事することで、講座に参加されたお母さん達の子育ての負担が軽減できるようになります。また、赤ちゃんだけではなく、夫婦や家族の「食」に対する意識改革にもつながるようなアドバイスを行っています。

インスタントや加工食品ばかりで今まであまり「食」に興味のなかった人も、赤ちゃんが生まれたことをきっかけに、夫婦の食事を改善するターニングポイントにして頂けたらと思っています。




Contents Copyright(C)1996- babycom