| 妊娠・出産 | 育児・子育て | ワーキングマザー | 子育てと環境問題 |
妊娠・出産・育児babycom



わが子のペースで考える
離乳食レッスン

離乳食はいつから? 何を食べさせたらいいの? など、 乳児を育てるお母さんには、離乳食への疑問と悩みがいっぱいです。
母親向けの離乳食講座を20年以上開いてきた小野田レイさんが、 その豊富な経験をもとに、わが子のペースに合った離乳食のコツを 最新の知見とともに紹介します。



*ポイント*

1.赤ちゃんが風邪をひいたら、先ずは症状をよく観察しましょう。

2.風邪のタイプを見きわめ、症状に合わせた物を食べさせましょう。

3.食事療法だけではなく、処方された薬はきちんと飲みましょう。

4.普段から五味と栄養バランスを考えた食生活を心がけましょう。







薬膳のエッセンスをプラス
風邪をひいたときは何を食べさせる?
風邪予防には毎日の養生が大切ですが、ひいてしまったら症状別のアプローチを。薬膳のエッセンスを離乳食づくりに取り入れてみませんか。

・風邪のタイプを見きわめよう
・風燥(ふうそう)タイプの風邪には
・風寒(ふうかん)タイプの風邪には
・風熱(ふうねつ)タイプの風邪には



風寒(ふうかん)タイプの風邪には

 秋が深まり寒くなってくると、寒邪が身体に侵入すると考えられています。

●症状
 薄く白い痰が多く出る。水のような鼻水あるいは鼻づまり、重い咳、寒気が顕著、頭痛、発熱、無汗などの症状が出ます。

●アプローチ
 中医学では寒邪は肌表(肌や粘膜、口や鼻)を侵し、身体の中に入り、肺の機能を低下させ、咳嗽になると考えられています。肌表全体を守っているのは肺の気でバリヤの役目をしています。「辛味」は肺に作用し、気血の巡りを良くしてバリヤを強化します。

 風寒タイプは「辛温解表(しんおんげひょう)」の物を食べます。「辛」とは辛味のことで、唐辛子のような辛味ではなく、葱や大根のような辛味を指します。「温」は身体を温めることです。「解表」とは辛味で発汗を促し、肌表を侵している邪気を追い出すことです。

 「辛温解表」の食品は、シソ、生姜、長葱、うど、香菜、みょうが、三つ葉、シナモン(妊婦の多量摂取は禁忌)などです。生姜と三つ葉は咳を止め、ミカンの皮(陳皮)は気の巡りをよくして、痰を取る作用があります(切迫流産傾向の妊婦は禁忌)。

 寒気が強い場合は身体を温めるニラ、ピーマン、よもぎ、黒砂糖、フェンネル(小茴香)の種、金木犀、あじ、鮭、ますなども食べましょう。



陳皮茶
陳皮を20分水に浸け、ひと煮立ちさせます。お茶だけでなく皮もいただくとよいでしょう。









Contents Copyright(C)1996- babycom