| 妊娠・出産 | 育児・子育て | ワーキングマザー | 子育てと環境問題 |
妊娠・出産・育児babycom



わが子のペースで考える
離乳食レッスン

離乳食はいつから? 何を食べさせたらいいの? など、 乳児を育てるお母さんには、離乳食への疑問と悩みがいっぱいです。
母親向けの離乳食講座を20年以上開いてきた小野田レイさんが、 その豊富な経験をもとに、わが子のペースに合った離乳食のコツを 最新の知見とともに紹介します。



*ポイント*

1.赤ちゃんが風邪をひいたら、先ずは症状をよく観察しましょう。

2.風邪のタイプを見きわめ、症状に合わせた物を食べさせましょう。

3.食事療法だけではなく、処方された薬はきちんと飲みましょう。

4.普段から五味と栄養バランスを考えた食生活を心がけましょう。







薬膳のエッセンスをプラス
風邪をひいたときは何を食べさせる?
風邪予防には毎日の養生が大切ですが、ひいてしまったら症状別のアプローチを。薬膳のエッセンスを離乳食づくりに取り入れてみませんか。

・風邪のタイプを見きわめよう
・風燥(ふうそう)タイプの風邪には
・風寒(ふうかん)タイプの風邪には
・風熱(ふうねつ)タイプの風邪には



風熱(ふうねつ)タイプの風邪には

 呼吸器感染症などで風熱の邪が肺に侵入すると、高熱を伴います。

●症状
 痰が粘って黄色い、鼻水が黄色い、喉が痛い、咳がひどい、熱が顕著にある、口が渇く、普通ではない発汗、頭痛などの症状がでます。

●アプローチ
 熱が高いので身体を冷やしながら「辛味」で発汗を促し、肌表を侵している風邪の邪気を追い出す「辛涼解表(しんりょうげひょう)」のミント(妊婦の多量摂取は禁忌)、菊花、桑葉、トウチ、葛根などを食べましょう。
葛根は熱を冷ましながら身体に潤いを与える作用があります。風邪に定番の葛湯は先人の知恵なのでしょう。

 熱が続き口内炎や吹き出物ができたり、目が赤い、耳痛、尿の色が濃い、下痢、便秘などの症状があれば清熱作用のある物を食べましょう。
熱が長く続くと大腸が乾燥して便秘になります。その場合は白菜、タアサイ、水菜、マコモタケ、こんにゃく、バナナなど清熱しながら身体を潤すものを食べましょう。熱性の慢性的な下痢には、蓮の葉、大麦、りんご、緑茶など止瀉作用のある物を。口の渇き・食欲不振には小麦、きび、しじみを。 熱の咳には、セロリ、豆腐、湯葉。清熱しながら喉の渇きを潤すトマト、きゅうり、ズッキーニ、西瓜、メロン、りんごを食べましょう。

 熱が長く続いた場合、解毒しながら解熱する金銀花(ハーブのエルダーフラワー)たんぽぽ、ドクダミ、すべりひゆ、緑豆がお勧めです。
また、板藍根(ばんらんこん)は、喉の炎症やインフルエンザウィルスなどのウィルス性疾患に殺菌作用があると、中国では注目を浴びています。日本でもお茶や飴などに加工されています。



身体が温まるよもぎご飯
粉末のよもぎと一緒にお米を炊きます。よもぎには安胎作用があります。








Contents Copyright(C)1996- babycom