コウノトリVOICEは閲覧専用です。投稿はできませんのでご了承ください。
 新しい投稿は、高齢出産VOICEの「不妊」カテゴリーをご利用ください。
第16回 卵子提供でママになった方のおしゃべり会 7月15日(土)
セミナー「卵子提供・代理出産で家族をつくる」8月26日(土)京都

VOICE(掲示板)
コウノトリVOICE

不妊の悩みや疑問、体験者からのアドバイス(閲覧専用

【その他】考えさせられました
ぷるりん -- 2011年05月20日 09:51:41

昨年末に妹に卵巣癌が見つかり、子宮や卵巣などを摘出しました。

彼女も私も不妊治療をしていて、励まし合ってきました。
妹は人工受精、わたしは繰り返し体外受精。

妹はかなり悪く、5年先もわかりません。
親には孫を抱かせてあげたいと思いつつ、妹の辛い苦しむ姿に治療を続ける事、卵巣を酷使する事がすっかり怖くなってしまいました。

妹は内膜症を治療せずにいたため癌化してしまった様で、不妊治療施設では発見してもらえなかったようです。

悲しいですが現実として、うけとめ姉として出来ることはしてあげたい。私は健康で元気でいようと心に誓いました。

そしてこのタイミングで保育士をやっていた私に、来年度から立ち上げる保育園を手伝って欲しいとの話がきました。

もうすぐ39歳ですが、しばらく主人とも話して、自然に任せて見ようとおもいます。
また治療しようと思えたらやろうと。

通ってた病院は新宿の体外受精専門の病院ですが、体外以外の検査は一切しない所です。

休むといっても不安はやっぱりあり、体の検査や相談出来る主治医はほしいなぁと、ぼんやり考えています。

読んで頂いて同じように主治医だけはいるという方はいらっしゃいますか?

自分の気持ちを聞いてもらいたいというのもあり投稿しました。


ありがとうございます
ぷるりん -- 2011年05月22日 00:06:38

  ぱんださん。ご丁寧な書き込みありがとうございます。

大学病院に通われているんですね。とても感じの良さそうなところですね。
初めての体外ドキドキでしょうが、リラックスしてどうかうまくいきますように。
又、悪化しないように納得のいく誘発方法もできますように。

ぱんださんの仰る通り、授かりものだなってつくづく思います。
体外も最後は神のみぞ知るっていうかんじがします。

私の場合、ピルで生理を整える時点でなんかおかしくなってしまったり、薬を飲むほどに駄目になるなるんですね。

検査を丁寧にしていただけるのっていいですね。
私も近くにかなり有名な大学病院があるんです。検査だけでも行ってみようかなと思います。

のんびりもいいですね。いままで焦ってばかりでしたので。


暑くなってきましたが、

ぱんださんもお体を大切になさってください。

大学病院に通っています
ぱんだ -- 2011年05月21日 00:32:51

  はじめまして、こんにちは。同い年39歳のぱんだと申します。

ぷるりんさん、愛する妹さんのためにもどうか健康でお元気でいてほしいと心から願います。


病院のことですが、ご参考までに私のケースを書かせてください。

私は不妊治療暦1年半。大学病院の不妊外来に通っています。
タイミング→AIHを経ても妊娠しなかったので、こちらから希望し、これから初めての体外受精に挑戦しようという状況です。

この施設の方針は、、、男性不妊と卵管不妊以外の患者には、体外受精を積極的に勧めない方針のようです。

通院の間隔は、、、途中、仕事が多忙になった1年弱は治療をお休みしていまいたが、戻るときは普通に受け入れてもらえました。

検査は、、、
私にチョコレートのう腫(5?大)があるので念のため血液検査(腫瘍マーカー)しようと医師から提案されました(結果は陰性ですが、6cmを超えたら手術と言われています)。

体外受精を受けたいと伝えたタイミングで、医師からその前に通水検査をしようと言われました(結果、粘膜下筋腫が見つかり核出手術を受ける予定です。大きさと位置が流産や不育症の原因になるそうなので)。

ホルモンで子宮や卵巣に刺激を与える体外受精は、これらの疾患を悪化・再発させる恐れが十分にあると思うので怖いですが、挑戦しないで後悔するよりは数回試してみようという気持ちでいます。病状がなるべく悪化しないような刺激方法を、医師にリクエストしたいと思っています。

体外受精専門の病院の良い点の一つに、IVFという一つの目的にスピードをもって集中できることが挙げられるでしょうか?

私が通っている所は少々のんびりな点もありますが、夫婦の気持ちや方針の変化も受け入れてくれる気がします(←思い込みかもしれませんが、、、)。



ベビーも仕事も授かりものかな、と最近感じます。

保育園のお仕事、お声が掛かるなんて素晴らしいですね!
誰にでもチャンスがあるわけではないと思います。

私はフリーで好きな仕事を細々と続けながら治療しています。


状況は違いますが、お互い無理のないように歩んで行きたいですね。



 

bc-community

babycomメンバーズ
コミュニティはこちらから