コウノトリVOICEは閲覧専用です。投稿はできませんのでご了承ください。
 新しい投稿は、高齢出産VOICEの「不妊」カテゴリーをご利用ください。
第16回 卵子提供でママになった方のおしゃべり会 7月15日(土)
セミナー「卵子提供・代理出産で家族をつくる」8月26日(土)京都

VOICE(掲示板)
コウノトリVOICE

不妊の悩みや疑問、体験者からのアドバイス(閲覧専用

【その他】排卵誘発剤の安全性
ナナ -- 2011年07月 7日 18:34:28

こんにちは。

いまさらながら誘発剤の安全性に不安を感じています。
HMGフジは尿由来、フォリスチムは牛血清を使って作成。
狂牛病のことが頭をぬぐいきれません。
尿由来のHMGフジはエイズとかヤコプ病とかは大丈夫なのかとか。
今までに何度もHMGフジは打ったことがあります。
約10年前ぐらいからです。症状が出るなら今頃だなぁなんて
思うと不安になってしまいます。
これからもう一人ほしいと思って治療を再開しているのですが、
不安のまま続けるしかないのでしょうか?


血清と狂牛病はあまり関係ない。
元英国居住者 -- 2011年09月14日 22:59:03

  >フォリスチムは牛血清を使って作成。
>狂牛病のことが頭をぬぐいきれません。

狂牛病は、異状プリオンの大量摂取→蓄積により、発症します。


血清には、そもそもプリオンがほぼありませんので、
ご懸念はあまり意味がないかと。


また、英国でも狂牛病を発症した方々は、食習慣に起因している人たちが大半。

解体作業の荒っぽい地元の食肉店での、長年にわたる肉の購入。
牛の髄や脳など、プリオンが蓄積する「ホルモン」を使った煮込スープを食する頻度が多い。

…など。


投稿者様がこれらの方々と同量になるほど、多量に牛血清(原料の血清にすら、極微量にしかないんのに)由来の誘発剤を摂取しているとは、考えにくいです。



もう見てないとは思いますが、他の方が無用な懸念を起こすのを避けるため、書いておきます。。




 

bc-community

babycomメンバーズ
コミュニティはこちらから